OFFICE RENOVATION KOMAZAWA 

Location: Komazawa, Setagaya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Office
Client: FOSTER + FOSTER plus
Completion: 2020

Architects: Mahoroba Design + MASS & HACHI
Design team: Hiromichi Hidaka + Tadafumi Masuda, Shinji Hachiya
Contractor: Veritas

Photographs: MASS

Main structure: Reinforced Concrete
Construction type: Renovation
Total floor area: 159.28m²
Design term: 2020.03-2020.05
Construction term: 2020.06-2020.07

This is a renovation project for an entertainment production company located on the 7th floor of a 30-year-old building in Komazawa.
The existing flat and homogeneous office space was required to be renovated into a workspace capable of accommodating various activities.

To create a variety of spaces in a single-room space, we assumed a boundary plane that divides the floor into east and west and zoned the space into an employee workspace and a public space for guests. The two areas are gently divided by a 1.8m high bookcase on the border, and the employees can freely move around the entire space through a series of open avenues in every direction.

In the center of the workspace, a fixed seating table for six people and a large, free-address table for up to eight people are installed, creating a multipurpose space where people can gather not only for work but also for parties on occasion.

The woody interior and dark green painted skeleton ceiling were designed to create a biophilic workspace with a sense of continuity with the nature of Komazawa Park that spreads out beyond the windows, creating an indoor space but with an understanding of urban nature. 

オフィスリノベーション 駒沢

所在地:東京都世田谷区駒沢
用途:事務所
クライアント:フォスター + フォスタープラス
竣工:2020年

設計:まほろば設計 + MASS & HACHI
担当:日高啓道 + 増田忠史、蜂谷伸治
施工:ヴェリタス

撮影:MASS

構造:鉄筋コンクリート造
工事種別:リノベーション
延床面積:159.28m²
設計期間:2020.03-2020.05
施工期間:2020.06-2020.07

駒沢に建つ築30年のビルの7階に入居する、芸能プロダクションのリノベーション計画。
フラットで均質な既存のオフィス空間を、多様なアクティビティに対応可能なワークスペースにリノベーションすることが求められた。

ワンルーム空間の中に多様な場所をつくる手立てとして、フロアを東西に大きく分ける境界面を想定し、その面を境に従業員のワークスペースと、ゲストも使用するパブリックなスペースにゾーニングを行った。2つの領域には、使用する素材や色、床高と天井高さに変化を与え、対比的な空間として設えた。
2つの領域は境界面上に設置された高さ1.8mの書棚によって緩やかに分節され、縦横に設けられた抜けのある通りによって、従業員はスペース全体を自由に回遊することが可能である。

ワークスペースの中央には6名分の固定席テーブルと最大8名が使用できるフリーアドレスの大テーブルを設置し、業務だけでなく、時には人々が集まってパーティーも行える、多目的に利用できる場所とした。

木質化された内装と深緑色に塗り込められたスケルトン天井は、窓の外に広がる駒沢公園の自然との連続性が意識され、室内空間でありながらも都市の自然を感じられるような、バイオフィリックなワークスペースの創出を目指した。

© 2021 MASS & HACHI all right reserved